嚥下造影検査の必要性

在宅での直接嚥下訓練では、リスク管理もST一人で行わなければならない。

まず、考えられるリスクは

  • 食事誤嚥
  • 窒息

在宅で介護されているご家族は、少しでもよくなって欲しい、少しでもいいから経口摂食できるようになって欲しいと前向きな方が多いが、少数であれ、食事介助や嚥下食の準備など手間がかかるからと嚥下リハビリに積極的でない方もいる。

また、看護師さんでは以前に嚥下反射なんてないけどなんでも食べられるようになった方を見ていることもあり、検査の必要性を伝えてもらうのは難しい。

在宅医の先生は、先生によって全く対応は異なり、びっくりするぐらいSTの想いを聞いてくれる先生もいたり。するけれど、当然医療的ケアが優先な為無反応という先生が多い印象です。

私STは検査検査と学んできているので必要性を考えることなく、検査へと進めてしまっていたので反省も含めて検査の必要性を再考してみようと思っています。

周りの環境を含め摂食への理解を得るために出来る事を考えています。

在宅ではできることは本当に限られていて、検査を行うには通院が必要となり、利用者さん家族にも負担がかかり、摂食への強い希望がないとなかなか実現が難しいこと現実として向き合わなくてはならない。

訪問看護ステーション

 

訪問看護ステーションでのリハビリ職は、医師の指示書プラス看護師の看護プランに従って看護師業務の手伝い的な役割であることを思い知ります。

リハビリ系訪問看護ステーションではリハビリ職がガンガン訪問して主導権を持っているのかもしれませんが、私の勤務する訪問看護ステーションはナースが何より中心です。

リハビリは席もありません笑

事務所にいる時間が長い私は毎回どこにいたら良いのかと胃がキリキリします。

ちなみに居宅や訪問介護も併設されていますがナースが何より偉いです!!

看護師から目の敵とされることが多い言語聴覚士はつらい!

言語聴覚士って何ができんのよ 。

エビデンスあんの?

結局、食べさせんの?

って言われてもわかりません。

余計なことばっかりって言われてもすいませんしか言えません。

看護師様様です!

看護師の皆様、

逆らいませんのでお手柔らかに願います<m(__)m>


リハビリランキング

言語聴覚士の本領?

在宅での直接嚥下訓練

訪問リハビリで胃瘻から経口摂食に移行できるのか?

直接嚥下訓練の開始の判断基準としていること。

  • バイタルの安定
  • 指示理解良好
  • RSST 1回以上/30秒
  • 摂食意欲
  • 咳嗽力

言語聴覚士の介入で直接嚥下訓練をドクターに了承してもらえるのか?

在宅医の先生か比較的おおらか?な先生達なのかSTさんがOKなら直接嚥下訓練開始してくださいと許可を出していただけるように思う。

ただ、VFなどの検査もなくのRSST良好だから、水飲み検査でむせなく飲めるから摂食を開始してしまってよいのかよくわからない。

水飲み検査で飲めているのにVF検査が必要なのかとか、訪問看護師さんなんかは胃瘻から経口摂食に移行している方を以前に経験されていたりすると検査の必要性を伝えてもでも食べれたんでしょ?となってしまう。

結局言語聴覚士の介入でできることってあるの?

誰でもできること、看護師さんなら勘でできることに意味を持たせて存在意義を唱えるにはどうしたらよいのか・・・

訪問に転職してからPTOTとの差や看護師さんからのST何ができるのという厳しい目そして利用者さんの少なさと給料に比例して悩みが増えました。

言語聴覚士の就職

私の通っていた専門学校は回復期病院がいくつからある学校だったのでかなりの人がそのまま就職していました!

実習先もその系列病院だったのでものすごーく緩く楽でした(涙)

2年間で自分の進む方向を決めるのは簡単ではないけれど分野もたくさんあるので後悔なく選びたいし、選んでほしい!

嚥下

専門学校で一番の不明科目。

使用教科書

全く理解できなくて何度読んでもわからなかった…

予習が必須で読むポイントも調べてくる課題もあったけれど、何のことやらさっぱり。

嚥下の入門には向いていません。

嚥下に苦手意識を植え付けてくれました汗

喉頭周辺の解剖学と嚥下のメカニズム一回50分授業でわかるかよ!!!

今なら読めるし理解もできるよ!

当時はつらかった…さらに国試まで時間ないから基礎習いたかったな。臨床では使えるかもしれません。

歯科医の先生向け?なのかな???

言語聴覚士2年制専門学校

私の通っていた専門学校の話

年代は20代が中心で35名?ぐらいいました。

結局卒業したのは25名ぐらい…

4年制の専門学校よりは多分残っている?

2年間という短い期間でそれなりに知識を得なければならないのでかなりの詰め込みで一年生の前半は相当勉強した気がします。

解剖学はほぼ暗記。解剖実習まであり、ホルマリンの臭いやらなんやら結構な衝撃(*´◒`*)

専門知識の嚥下、構音障害、失語も一年生の後半から実習があることから科目あり。

医学的な基礎知識なく専門科目も同時進行というごちゃ混ぜで。不安しかない毎日。

黒板の写しで腱鞘炎になるし、パワポのレジュメ増やしてくれよ。

訪問リハビリで産休・育休

勤めている訪問看護ステーションに求人問い合わせがあった時の話

訪問リハビリに転職しようかな?と思う年頃のセラピストは大体20代後半から30代以上の方が多いと思います。

男女関係ないので女性ならば、結婚・出産適齢期!!!

産休・育休が気になります!と問い合わせがありどうするのだろう、と考えてみました

(勝手に)

 

訪問リハビリは大体週1回曜日、時間固定で利用者様宅に伺います。

当日体調不良になれば訪問には伺えませんが、代わりに他の方に行くこともできません。

こちら側の都合で事前に休む場合には、振替を利用者様との相談でできることもありますが・・・

産休、育休をとるとなると・・・・

 

①休んでいる間だけ同じ利用者様に訪問してくれるセラピストを探す

難易度★★★

②ほかの事業所に利用者様をお願いする。

復帰後は利用者様一から開拓

STには難易度★★

PT,OTなら難易度★:問題なくしっかり休める。

 

ちなみに訪問看護師さん年配が多いところ(私の勤務先)では産休、育休に理解ありません。

問い合わせしてくる奴呼ばわりでお断りしていました。

訪問リハビリ転職時の求人確認

私は訪問看護ステーションに所属しています。1日の訪問件数は約3件~5件(+_+)

常勤なのに仕事が少ない~

訪問は歩合制の給料体系のところが多い(もちろん私の勤務先もです。)

ですので、STは訪問では稼ぎにくいかも、、、

もちろんこれは持論で私の仕事の出来なさが要因ですが。

ただ、同じ勤務先のPT・OTさんは1日8件回っていても新規利用者さん待ちがいます。

STの新規申込みなんて2か月に1件ぐらいです。

所属するステーションにより1件の訪問時間は40分または60分のようです。

ちなみに、私が勤める訪看ステーションではリハビリ(PT.OT.ST)は1件40分・・・縛り。

嚥下リハビリで、直接嚥下練習には時間が足りません。

大体60分は滞在しているのに単価は40分(ー_ー)!!

ということで訪問に興味のあるセラピストさん、就職候補先のステーションの訪問時間も確認が必要です。

だいたい訪問リハビリの求人には1件3000円から4500円ぐらい?が多いと思いますが、3000円は40分訪問、4500円は60分訪問と考えていいと思います!

新規利用者さん獲得がしやすい環境にあることも必要です。

私はもともとPTさんOTさんのみがリハビリ職として働かれている訪問看護ステーションにSTは立ち上げとして入職しています。

PT・OTは同じ仕事をし、看護師さんからもリハさんと呼ばれていますが、STはリハさんとは呼ばれず、STさんと呼ばれています。

リハビリ職としてリハチームには入りましたが、リハ責任者さんから、STの営業まったくできません。と言われました。

同じリハビリ職でもSTが何をしているかわからないのにケアマネさんにSTの利用者さん紹介なんてしてもらえないよね・・・

リハビリに力を入れているリハビリ職トップがPT.OT.STをそろえて途切れのないリハビリ提供!みたいな訪問看護ステーションがあればおすすめだと思います。

あとはケアマネがいっぱいいる法人。

リハビリ職員が立ち上げた訪問看護ステーション事業所、ケアマネがたくさんいる事業所がおすすめ

在宅での言語聴覚士

現在、訪問看護ステーションに所属し、言語聴覚士として訪問リハビリを行っています。

もともと病院に勤務したことはなく、前職は通所リハビリで働いていました。

5年前の在宅分野のSTはまだまだ少なく、新卒しかも2年しか学校に通っていない私1人職場に就職しました。

この就職には今でも後悔しています。同級生が先輩に鍛えられている中ゆるゆるのST生活をスタートさせてしまい右も左もわからず利用者様の役に立てているのか、リハビリってこれでよいのか・・・でもやるしかない!!となんとなく見よう見まねで言語聴覚士やっています。

しかし、私の在宅でのこだわりは実は言語聴覚士の専門学校に入学するきっかけから始まっています。

私の父は58歳で脳梗塞に。

脳梗塞って?

脳梗塞とは、脳動脈の狭窄や閉塞により灌流域の虚血が起こり、脳組織が壊死に陥る疾患である。障害部位によりさまざまな局所所見をきたし、片麻痺や感覚障害、構音障害、失語、失認などの皮質症状や意識障害が見られる。

死因の第4位を占める重大な病気です。
脳血管疾患は高齢者の寝たきり(要介護5)の原因の第1位である。

↑こんな情報も実は国試対策に必要かも(笑)↑

私の父は、

脳梗塞といっても症状は様々。細い血管や枝先で何度も繰り返す「ラクナ梗塞」ではなく。

「アテローム血栓性梗塞」で首から脳に通じる頸動脈や頭蓋内の比較的太い動脈の硬化(アテローム硬化)が原因となって起こる梗塞でした。

左中大脳動脈の脳梗塞だったため、右側の片麻痺と失語症の後遺症の診断となりました。

失語症にも色々ありますが、ブローカ失語で「水」も言えないぐらいでした。

言語聴覚士になりリハビリをするようになり失語+発語失行だったことがわかりましたが・・

話は戻り、この水も言えない父が回復期病院から在宅に戻り維持期のリハビリに移行するにあたり私の住んでいる町には通所リハビリも含めてSTがいなかったのです。

隣の市まで送迎をしてリハビリを受けるしかなかったのです。

私の両親はまだ50代だったので母の運転で通っていましたが、車の運転ができなかったらリハビリも受けられないのかというのが当時の思いでじゃあ私がこの町の言語聴覚士になろう!が実は専門学校入学のきっかけでした!

 

 

言語聴覚士への道のり

「言語聴覚士」と名乗って働くためには、国家資格である「言語聴覚士」資格が必須です。

私は大学卒業後社会人として働いていました。

大卒2年過程の専門学校に入学して「言語聴覚士」資格を取得しました。

高校卒業から入学される学校との違いは教養部分の省略と考えていましたが、2年間の教育課程では国家試験の勉強内容としても仕事についてからの知識の内容としても正直足りないと感じています。

国家試験の勉強自体は正しく過去問を勉強できれば6割の合格ラインは十分に超えられると思います。

ちなみに私は子供3人当時5.3.0歳を育てながら専門学校に通っていましたし勉強時間もほとんど取れないために過去問のみで勉強し、自己採点146点で合格しました。

無事、資格を取得し就職してからはかなり大変です。

5年目の今でも勉強不足に日々不安を感じています。

これは私の就職先の選択ミスによるもので楽な道を選んだ自業自得ではありますが・・・